整体や骨盤矯正、骨格の歪みなどについての豆知識をご紹介しています。

平日/12:00〜21:00 土日祝/10:00〜21:00 (火曜休)

全日/10:00〜19:30 (火曜休)

全日/10:00〜19:30 (月曜休)

冷え症は食事を見直そう!

0I9A7056ISUMI_TP_V4

 

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、”砂糖は体を冷やす”と言われる食材です。砂糖と言っても、上白糖、三温糖、キビ砂糖・・・白い砂糖や茶色い砂糖など様々な種類があります。そして市販されている飲み物や食べ物には、また別の甘味料も含まれています。

 

前回、『女性は肩がこりやすい!?』で女性の冷え症に関して、筋肉量の違いと骨盤の歪みに原因がある事を少しお話しました。しかし、冷え症は筋肉量や骨盤の歪みの以外に毎日の食事にも体を冷やす原因が潜んでいます。手や足先の冷えが気になるあなた!甘い物をよく口にしていませんか?

 

その冷え症は砂糖の取り過ぎが関係しているかもしれません。

今回は砂糖がなぜ体を冷やしてしまうのか。砂糖が良くないなら、どうしたらいいのか。といったお話をしていきたいと思います。

 

 

■様々な甘味料

 

e1adc635f82eab39fa7f9d83b2e049b4_s

 

サトウキビから作られる砂糖で代表的なのが、上白糖・白ザラ・三温糖・グラニュー糖・黒砂糖・キビ砂糖などで、これらはサトウキビを元に作られています。温かい地方で栽培されているので、体を冷やす作用があり、吸収が早いとも言われています。
テンサイ(砂糖大根)から作られる砂糖はテンサイ糖のみです。こちらは、寒い地方で栽培されているので体を温める作用があり、ゆっくりと消化されていきます。

 

原材料の違いで大きく2つに分けられ、『サトウキビ』と『テンサイ(砂糖大根)』にはそれぞれ違った特徴があります。様々な種類の砂糖が存在しますが、砂糖の原材料は2種類しかないというのはビックリですね!!

冷え症で甘いものを良く口にする方は、まずは自宅のお砂糖をテンサイ糖にしてみるところから冷え対策をしてみてもいいかもしれませんね!

 

 

・こんな甘味料にも要注意!!

清涼飲料水や食品などに使われている、果糖ブドウ糖液糖、またはブドウ糖果糖液糖という表記を見たことはありませんか?

果糖ブドウ糖液糖とはトウモロコシのでん粉から作られています。また、果糖ブドウ糖液糖とブドウ糖果糖液糖の違いは果糖の割合です。他にも異性化糖、コーンシロップなどがあり、これらは液体なので身体に吸収されやすいので注意してください。

 

 

■砂糖が体を冷やす3つのポイント

 

①砂糖は血糖値を乱降下させる!
その原因は、砂糖は体に吸収されやすく体に入ると一気に血糖値が上がります。そして上がりすぎた血糖値を正常に戻そうとインスリンを大量に分泌され、血糖値の急下降が起こり、その際に体温も一緒に下げてしまいます。

また、インスリンは体脂肪よりも燃えやすい血中の糖を優先してエネルギーにするので、体脂肪が燃えにくく痩せにくい体になってしまいます。

 

②ビタミンBが不足してしまう
体の中に入った砂糖がエネルギーとして消費する為にはビタミンBが必要です。しかし砂糖にはそれが含まれていないので、すでに体の中にあるビタミンBを利用します。そのため日常的に甘いものを食べている方は普通の食生活ではビタミンB不足になっている可能性があります。

ビタミンBは血液の中の赤血球を作ってるので、ビタミンBが不足すると赤血球が減り、血液の質が悪くなり量も減ってしまいます。そうすると血がドロドロになったり、血流が悪くなるので体内に熱がうまく届かなくなり、冷えにつながってしまいます。

 

③自律神経が乱れる
ビタミンBは、自律神経を正常に保つ働きがあるので、ビタミンB不足になると”自律神経の乱れ”が起こります。
自律神経とは無意識のうちに働く神経の事を言い、呼吸や心臓を動かしたり体温調節などの働きをしています。
これらの切り替えで、血流を良くして体温を保っているので、自律神経が乱れると、血流が悪くなって”冷え性”を引き起こしてしまう場合があります。

 

 

■では白砂糖の代わりは?

 

『てんさい糖』『はちみつ』『黒砂糖』『きび砂糖』『メープルシロップ』などなど、白砂糖の代わりになる甘味料は色々あります。

冷え症に悩んでいる方に一番のオススメはやはりテンサイ糖です。甘いもの大好きな方は、清涼飲料水などの甘味料たっぷりの飲み物は控えて、手作りのお菓子に変えてみるのはどうでしょう?砂糖の量も種類も自分で選べるので、手間はかかりますがメリットも多いですよ!

もちろんどれにしても食べ過ぎは禁物です!

 

 

■自分にあった砂糖を選べばOK!

 

TSU73_cakejyosi15143657_TP_V4

 

決して白い砂糖が悪というわけではありません。調理したものに砂糖の色がつかないなどのメリットもあれば、冷えを招いてしまうデメリットもあります。つまり、それぞれの砂糖の特徴を知って、自分の生活や体の調子に合ったものを選ぶ事が大切です。

 

 

■冷え症を克服した話

 

私も元々冷え症だったのですが、毎日の習慣だった清涼飲料水をやめて自宅の砂糖をテンサイ糖に変え、極力手作りのお菓子を食べる生活を送るようにしていたら、たった3ヶ月ほどで効果を感じました。冷え症の方は試してみる価値は十分あると思います。

 

「冷え性を改善したい」「まずは自分でできることから始めたい」という方は是非”砂糖に気をつける生活”を始めてみてはどうでしょうか。温かい格好をする事も、カイロを使用す事もいいことですが、冷え性の原因は必ず体のどこかにあります。それは人それぞれですが、自身の生活を見直して一つ一つ原因となるものを潰していけば改善できることなので、「私は冷え性だから…」と諦めずに出来る事から始めましょう!

 1210

整体(骨格・骨盤矯正)チケットについて
整体(骨格・骨盤矯正)チケット12回分(ご利用期限12ヶ月間・午後9時までの施術に限ります。)
12回の施術を受けた場合、通常、初検料+施術料の合計54000円の所、チケットをご利用になりますと、
施術料金1回分4,320円がお得となります。

骨格・産後骨盤の歪本気で
良くなりたい方当院へお任せ下さい。

整体を受けるなら整体/骨盤矯正が専門の名古屋市の尾頭橋整体院へ 大変混み合っておりますので、必ずご連絡をお願いします
  • JR名鉄金山駅から徙歩10分
    尾頭橋院
    052-323-9020
    住所愛知県名古屋市中川区尾頭橋
    2丁目1-26
    診療時間平日 12:00〜21:00
    土日祝 10:00〜21:00
    休診日火曜日 駐車場2台
  • 地下鉄名城線 平安通駅から徙歩1分
    名古屋北院
    052-325-2780
    住所名古屋市北区平安通1丁目
    5番地ヴェロード リベルテ5A
    診療時間全日 10:00〜19:30
    ※最終受付時間 18時00分迄
    休診日火曜日 駐車場2台
  • 国道153号線 植一松すぐ!
    天白植田院
    052-805-3321
    住所名古屋市天白区焼山2-1812
    ウイング一本松1F
    診療時間全日 10:00〜19:30
    ※最終受付時間 18時00分迄
    休診日月曜日 駐車場3台

ページTOPへ

名古屋で整体・骨盤矯正を受けるなら金山総合駅から徒歩10分、JR尾頭橋駅から徒歩5分の尾頭橋整体院です。名古屋市中川区・中区・熱田区・中村区・港区・南区・瑞穂区・昭和区・北区・西区・東区・千種区・緑区・天白区・名東区・守山区等、名古屋の各地から口コミ(クチコミ)で沢山の方が整体を受けにご来院していただいています。

尾頭橋院 052-323-9020 名古屋北院-052-325-2780 天白植田院-052-805-3321