産後の股関節の痛み

2019.04.03
産後骨盤矯正

産後の股関節の痛み

尾頭橋整体院では、産後に起こりやすい股関節の痛みの解決を数多くしてきました。


産後に股関節が痛むようになってしまう原因は、骨盤が開いたり歪んだりした状態になることです。
骨盤に付いている股関節の位置が変わってしまうことが原因なのです。(左右の足の長さが違う、仰向けで寝たときつま先が片方だけもしくは両方ともすごく開いている・・・etc)

このように骨盤が正常ではない状態で家事をしたり赤ちゃんを抱っこしたりを続けてしまうことで、股関節に痛みが生じるようになります。

20

女性ホルモンリラキシンの骨盤への影響


産後の女性はリラキシンというホルモンの働きで骨盤が緩んだ状態になっています。

リラキシンの働きは産後から約6ヶ月頃まで残っており、出産時をピークにその後ほ徐々に働きは減っていきます。
このホルモンが作用して骨盤が緩んでいる状態の間に骨盤を元の位置に戻すことが理想的です。
股関節のみを調整しても、骨盤に歪みがあるとまた股関節はずれていきます。

まずは骨盤の位置を正常に戻し、股関節の位置を整える事により痛みは改善されます。

 

患者様の喜びの声


05
名古屋市 熱田区 主婦

出産後の股関節の痛みがよくなりました。あぐらもかきやすくなり、前より座りやすいです。以前に行った整体はとても痛く、ハードな感じだったので最初はとても緊張しましたが、全然痛くなかったです。特に肩のあたりは気持ち良かったです。そして痩せました。行って良かったです。ありがとうございました。

 

骨盤の歪みを整えた後、股関節の位置を調整します。
仰向けで足を持ち上げ股関節周りの筋肉を緩めていきます。


17




股関節の内転運動、外転運動を行い股関節に動きをつけていきます。

18.1




股関節を牽引し、位置の微調整をしていきます。このとき股関節が入り込んでいる方は関節が浮くような感じがしますが、痛みはありませんのでご安心下さい。

19

施術後は骨盤ベルトで骨盤を締めて安定させておくことがおすすめです。


14.1

尾頭橋整体院の骨盤矯正は、今まで歪みのクセが付いてしまっていた状態のお体に、本来あるべき正しい姿勢のクセをつけていきます。
歪みの大きさにより個人差はありますが体が正常な位置に戻っていくにつれ、痛みも徐々に減っていきます。

一度の骨盤矯正で痛みが全くなくなる方もたくさんいらっしゃいますが、歪みのクセが強い方の場合、体を整えるのに回数がかかる方もいらっしゃいます。

尾頭橋整体院では痛みの再発防止、健康維持のために患者様それぞれのお体の状態にあったスケジュール提案させて頂いております。

色々とお忙しいかとは思いますが、今後の生活のためにもしっかりとスケジュールを決めて骨盤を整えていくことが望ましいです。

尾頭橋整体院は名古屋に三店舗(中区、北区、天白区)あり、お車でも公共交通機関を使っても通い易くなっております。
また、夜も21:00まで営業しておりますのでスケジュールも立てやすいかと思います。
是非一度、お近くの尾頭橋整体院グループにご来院ください。

 
関連記事