椎間板ヘルニアでも整体はできるの??

  • TOP
  • コラム
  • 椎間板ヘルニアでも整体はできるの??
2019.04.27
整体(骨格・骨盤矯正)

椎間板ヘルニアでも整体はできるの??

ヘルニアだから、腰痛や足の痛み、シビレは仕方がないと言われて、諦めていませんか?

諦めるのは、まだ早いですよ!!

椎間板ヘルニアとは


背骨は、椎骨と言う骨が積み上がって出来ています。

その椎骨と椎骨の間にあるクッション的役割を持つのが椎間板です。

椎間板は弾力があるのですが、同じ所にずっと圧迫を受けていると、潰れてしまい、椎間板の中身(髄核)が外に飛び出してしまいます。

これをヘルニアと言います。



このヘルニアが背骨のすぐ側を通っている神経を圧迫してしまう事で痛みやシビレが出てしまいます。

腰のヘルニアでは、足に行く神経を圧迫してしまうことが原因で痛み・シビレが起こります。

これを『坐骨神経痛』と言います。

神経が圧迫されるとどうなるの?


頚椎椎間板ヘルニア(首のヘルニア)


主に首の痛み・手の痛みやシビレ、動かしにくい、力が入りにくいと言う症状が出ます。

神経が圧迫されている場所によって、痛みやシビレが出る場所は違うので、首筋や肩甲骨の辺りが痛くなることもあります。

ヘルニアが大きい場合は、足もシビレて、歩きにくいといった症状が出ることもあります。

腰椎椎間板ヘルニア(腰のヘルニア)


主に腰痛・お尻や足の痛みやシビレ、動かしにくい、力が入りにくいと言う症状が出ます。

痛みやシビレは、下半身のどこにでも出る可能性があります。

特にお尻から太ももの裏側の痛みやシビレは、『坐骨神経痛』と呼ばれ、腰のヘルニアの代表的な症状です。



※これらの症状でひどい場合には、感覚がなくなってしまったり、立っていられない、歩けないという方もいます。

どうして椎間板ヘルニアになるの?


●仕事で腰に負担がかかる作業が多い。中腰になり重い物を持ったり運ぶことが多い。

●腰を強くひねる(ゴルフやテニスの素振りなど)

● 長時間の座り仕事や車の運転。椎間板に長時間垂直圧がかかってしまう。



これらの動作を繰り返しする事が、背骨に負担をかけ椎間板ヘルニアの原因となる事があるのです。

 

筋力低下

運動不足で筋力が低下すると、椎間板を支える筋力が弱くなってしまいます。そうなると繰り返し動作による衝撃や圧迫に耐えられず、ヘルニアになってしまいます。

姿勢の悪さ

悪い姿勢で偏った動作を繰り返すと、背骨や骨盤が歪んでしまいます。
骨盤が歪んで傾いてしまうと背骨も傾くことになり、椎間板への持続圧が生じてヘルニアになってしまいます。

外傷性によるもの

交通事故や何らかの強い衝撃が加わった場合に発生するものもあります。

上記の事からも誰にでも椎間板ヘルニアは、起こりうる病気と言う事が分かって頂けたと思います。

整体を受けてもいいの??


椎間板ヘルニアと病院で診断されても整体を受けることはできます!!

もちろんですがヘルニア自体を治すことは出来ません。

しかし、背骨を矯正することで、神経の圧迫を軽減、人によっては痛みが無くなったと言う方もいます。

整体で神経の圧迫を緩和させる事は可能です!!



腰に痛みがあり長時間座っていられないので、車の運転もできず、仕事もままならない・・・
少し歩くだけで足やお尻がシビレる・・・
手術を勧められたが受けずになんとかしたい・・・

椎間板ヘルニアでお悩みの方、そんな方には整体がオススメですよ!!

特に腰のヘルニアが原因で起こる『坐骨神経痛』は長引きやすい症状の一つなので、早めのケアが大切です!
関連記事