その痛み、スマホが原因かも??

  • TOP
  • コラム
  • その痛み、スマホが原因かも??
2019.05.12
整体(骨格・骨盤矯正)

その痛み、スマホが原因かも??

日常生活において必要不可欠となっているスマホ。

最近では、スマホの普及によって「スマホ依存症」になってしまう方も急増しているそうです。



電車やバスでの移動中、歩きながらなど、スマホを操作しながら行動をする人も多く見かけますが、依存症の方ともなれば、寝る時以外はほとんどスマホを見てるなんて方もいるのでは無いでしょうか。

スマホの見過ぎは、姿勢が崩れてしまい、身体に負担を掛けてしまうので、その結果、首や肩などに痛みが出やすくなってしまいます。

最近では、中学・高校生でもスマホの影響で痛みを訴える方は、かなり多くいます。

スマホを見る姿勢


スマホを操作する時、斜め下を見て操作する方がほとんどだと思います。

スマホを操作している人は、横から見ると頭が身体より前に突き出した姿勢になっています。

すると、頸椎(首の骨)だけでは頭の重さを支えられなくなるので、首や肩の筋肉が頑張って支えてくれるのですが、その状態が続くと首・肩への負担が大きくなってしまいます。



頭の重さは、体重の約10%(約5~6㎏)程あると言われています。

真っ直ぐ綺麗に立っている時には、頭の重さは頸椎(首の骨)が支えてくれています。

ところが、頭が前に出た姿勢の場合、この重さを首・肩・背中の筋肉と背骨で支えることになります。

さらに、首の角度が変わるだけで負担は大きく変わり、15度傾くと負荷は約2倍、30度傾くと負荷は約3倍にもなってしまいます。

酷い方ですと、真下を見て操作している方も見掛けますが、かなり負担を掛けている事になるのでやめて下さい。

その結果、首だけでなく肩・背中の痛み、頭痛、めまい、耳鳴り、不眠、イライラといったさまざまな不調を引き起こしたり、猫背の原因にもなります。

さらに、首には多くの神経が通っているので、症状がひどくなると手足にしびれが出るなど、体中に影響を及ぼしてしまいます。

どうすれば良いの?


長時間の使用はさけて適度に休憩を取りましょう。

顔の高さまでスマホを持ってきて操作しましょう。



※もし長時間見るときは、脇の下に握りこぶしや、タオルを挟むと疲れにくいです!!

※使用する際は姿勢を意識して頭をなるべく垂直に近い位置に保ちましょう。

これらを、気にするだけでも身体への負担はかなり減り、不調は出にくくなります。

 

身体に負担を掛け続けると、頸椎や骨盤・骨格が歪んでしまいます。

歪みから来る不調は、自分で改善することは難しいので、整体で骨格矯正をしてその上で、姿勢などを意識的に気を付けて行きましょう!!
関連記事