運動を始めるならこれ!!

2019.08.25
整体(骨格・骨盤矯正)

運動を始めるならこれ!!

体の健康を保つために運動をしている方は、多くいると思います。

しかし、その運動が原因でケガなど体を痛めてしまう方も多くいるようです。

そこで、体への負担が少ない運動をお勧めしたいと思います。

それが、『水泳』なんです。

なぜ水泳が良いの?


『水中運動は、腰や膝などの関節への負担が少なく、体にやさしい運動だからです。』

水中では浮力があり、体がフワフワするおかげで、関節にかかる負荷が小さくなります。



例えば、水中で走っても、ジャンプしても、関節にかかる負荷は小さく、陸上で行う時とは比較になりません。

腰や膝などの関節への負担が少ないという事は、ケガのリスクがかなり小さいです。

また、全身運動なので、体全体の筋肉を使うことになり、バランス良く鍛えられます。

陸上のスポーツ場合(例えば、ジョギングやテニスなどのラケット競技)であれば、衝撃を支えるだけの筋肉が出来ていないと、膝や肩などの関節や、腰などに直接強い負荷がかかり、痛めやすいのです。

関節のケガは、筋肉のケガ(例えば、肉離れ)と違い、小さい鈍い痛みが残り、治るのに数年が必要になる事も多く、完治までに非常に時間がかかります。



また関節のケガは癖になってしまい、ちょっとした事で何度も同じ箇所を痛めるようになってしまい、場合によっては、ケガの後遺症を、小さいながらも一生引きずっていくこともあります。

スポーツを始める動機は、健康・美容やダイエットの為など様々ですが、続けることが出来なければ効果は出てきません。

水泳はケガをする事が少ないため、結果的にトレーニングを長く続けられるのです。

また、負担の少ない分、まだ体が出来ていない運動初心者の方には凄くお薦めです!!

シニア世代の方には!!


体力に自身がないシニア世代の方は、水中ウォーキングから初めて見るのもお勧めです。

こちらも、腰や関節への負担が少ないので、陸上で行うより怪我のリスクが抑えられます。

また、水中でウォーキングする方が、陸上よりも消費カロリーが倍以上と言われています。

怪我のリスクを抑え、半分の時間で同じ効果が得られるのは大きなメリットです。

こんな効果も!!


泳いでいると、肩こりや四十肩になり難いというメリットもあリます。



四十肩のような肩の痛みは、普段から肩を動かせていないのが原因です。

『子供のように遊び回らない大人の日常生活の中での動作では、腕が肩より上に行く事はほとんど無く、肩を動かさな事が原因で、痛くなってしまいます。』

その様なことから、泳ぐことで肩を動かす様になると肩こりや四十肩になり難いのです。

また、ラケット競技やゴルフの様に、同じ方向にばかり捻ったりすることがなく、泳ぐときは左右対称に動かすので骨格が酷く歪んでしまうなんて事もありません。

このようなメリットもあるので、水中ウォーキングも良いですが、水泳をする方がメリットは大きいです。
関連記事