2020.04.19
O脚矯正

O脚と足首の歪み

膝下の骨が曲がって見えて、細身のパンツを履くとふくらはぎの外側の張りだけが目立つなんてことはありませんか?

そういう方のほとんどは、O脚になっていて、マッサージなどをしてもふくらはぎの外張りはなかなか改善しません。

これらの原因は足首の歪みかもしれません。



歪んだ足首のまま生活していると常に外側に負担がかかり、なかなか外側の張りが緩んできてくれません。

また、足首の歪みをそのままにしておくと、O脚がひどくなり足が疲れやすくなります。

どのように足首が歪んでるの?


膝下の外側に負担をかけふくらはぎの外張りの原因となっているのは、

足首の『内返し』というクセです。

『 内返し 』とは3つの動作が同時に起こる足首のクセです。

・底屈(ていくつ)=足先を下に向ける動き
・内転(ないてん)=足先を内に向ける動き
・回外(かいがい)=足裏を内側に向ける動き
足首が内返しになると、膝が外に捻じれ、すねの骨が外から内へと曲がってしまいます。

また、重心は外側にかかり、すね、ふくらはぎの外側の筋肉に負担がかかってしまうのです。

この状態で硬まってしまうとO脚につながってしまうので要注意です。

どうして『内返し』になってしまうの?


それは、日常生活での習慣が『内返し』のクセをつけてしまっているのです。

・底屈(足先を下に向ける動き)は、高いヒールを履いているとなりやすいクセです。

・内転(足先を内に向ける動き)は、歩く時・座っている時に足先が内を向いているとなりやすいクセです。
・回外(足裏を内側に向ける動き)は、外側重心(足の小指側に重心)で生活しているとなりやすいクセです。

外側がすり減った靴を履いている場合は要注意です。
すぐに買い替えましょう。


※靴の減り方でわかるO脚・X脚!!

このような日常生活で無意識的に行っている動作のクセが足首の内返しの原因となってしまいます。

足首の『内返し』を予防するには?


では、足首の内返しを予防し、O脚・ふくらはぎの外張りを改善していく為にはどうしたらよいのか・・・

1、かかとに重心を置く

正確には、かかとの骨の前方1/3に重心を置きます。

立っている時、歩いている時にかかと重心を意識して接地するようにしましょう。

2、膝とつま先を正面に向ける

足首の内返しは、つま先が内側・膝が外側を向くことで起きやすいクセです。

常につま先と膝の向きが正面に向くように意識して生活しましょう。

3、内側に重心を置く

かかと重心と同時に、左右の重心を内側にします。

理想は、かかとの中心と人差し指をつなぐラインに重心を置きましょう。

そうする事で太ももの内側の筋肉に刺激が入ります。

※O脚の人は重心が間違っている?

重心位置と膝、つま先の向きに意識を持つことで内返しのクセを予防してくれます。

O脚を整え、ふくらはぎを引き締めて細身のパンツを履きこなすためには、日常生活の姿勢、動作の改善からはじめる事が重要です。

※O脚でお悩みの方へ
関連記事
尾頭橋整体院公式Facebook 尾頭橋整体院公式Instagram