• TOP
  • コラム
  • O脚矯正は、出来るだけ早めに行いましょう!!
2020.05.17
O脚矯正

O脚矯正は、出来るだけ早めに行いましょう!!

O脚の方は、腰痛・肩こりなどになりやすいと言われています。

ですが、O脚矯正をせずにそのままにしておくと大きなデメリットが一つあります。

O脚の原因になっている内股、つまり内旋した股関節をそのままにしていると、年齢を重ねてから、かなりの確率で膝痛に悩まされる可能性があります。

これは、「変形性膝関節症」という病気で、原因は様々ですが、O脚の人が比較的なりやすいのです。

O脚の方は、立ったり座ったりする時に、膝の内側に常に負担がかかってしまいます。

そして、老化と共に次第に膝関節の軟骨が部分的にすり減っていき、骨同士がこすれ合う状態になると膝痛が始まります。

さらに症状が進むと、身体の自然防御反応が働き、膝周辺の骨が必要以上に硬くなって膝が骨から曲がっていき「変形性膝関節症」となっていくのです。

膝痛で病院を訪れる人は多くいますが、その大半は「変形性膝関節症」が原因だそうです。

はじめは、膝が痛い、次第に階段の上り下りができない、走れないなどの日常生活の支障が生じ、最悪の場合は歩けなくなることも・・・

その場合は、手術が必要になってしまいます。

どうすれば良いの?


予防としては、太ももの筋肉をつけたり、正座をしない、太らないなど、生活習慣から改善していくしかありません。

また、「変形性膝関節症」になってしまうとO脚矯正は出来なくなってしまいます。

O脚矯正は早めに行って、整体で姿勢と生活習慣と身体の癖を改善しておくことが、「変形性膝関節症」を予防するのに最も効果のある方法なのです。

更に、年齢も若いほうが関節が柔らかいので、O脚は改善しやすくなります。

性別・年齢に関係なくO脚は受けることができますが、年齢や柔軟性などを考えると早めにO脚矯正をすることをお勧めします。

身体の不調を根本から改善する整体によるO脚矯正は、やってみる価値がありますよ!!
関連記事
尾頭橋整体院公式Facebook 尾頭橋整体院公式Instagram