産後の膝の痛み

2014.10.09
産後骨盤矯正

産後の膝の痛み

産後膝の痛みを訴える患者さんは少なくありません。歩くだけで痛みの出る方や立ち上がる時に一瞬痛みが走る方など様々です。そして大半の人は妊娠前には痛みは出ていなかった場合が多いです。では膝の痛みはどうして起こったのか??膝への痛みが出た場合様々な要因が考えられますがいくつか挙げてみますと、

ご高齢者に多い変形性膝関節症・・・

O脚による膝への負担・・・

半月版の損傷・・・etc

sh

しかし検査しても異常は無く膝の関節自体に問題がなくても産後は膝に痛みが出ることがあります。それは、妊娠時に出るホルモンの働きが深く関係しています。

産後は膝の関節も緩んだ状態にあります。


産後はリラキシンというホルモンの働きにより各関節が緩まった状態にあり歪みも出やすくなっています。骨盤が開いたり歪んだりすることによって骨盤に付いている股関節の位置が変わります。股関節の位置が変わることにより左右の足の長さも変わってきます。この状態で長時間歩いたり、赤ちゃんを抱っこしたり、家事をしたりと普段通りの日常生活を送っているだけでも膝や各関節への負担は少なからずかかってきます。産前は痛みがなかったのに産後膝に痛みが出た方などは骨盤の歪みによる足への負担が大きな原因の一つと言えます。

24

骨盤、膝の歪みを整え、膝に負担の掛からない骨格にすることにより痛みは改善します。(症状により、病院の受診をおすすめする場合もあります。)

患者様の喜びの声


03

名古屋市 港区 主婦

先生、本当にありがとうございました。出産、育児ですっかり腰と膝と肩を痛め、中でも子供を日頃抱いて育児、立ったり座ったりする為、膝をひどく痛めてしまっていたのですが先生に出会う間に少しづつ痛みも取れ楽になりました。また2子を産んだ後も通いたいと思っています。

骨盤を矯正し、開いた骨盤を元の位置に戻します。


骨盤の歪み、背骨のねじれを整えていきます

21.1




横向きで開いた骨盤を締めていきます。(この時仙骨の傾きも同時に調整していきます)

22.1

骨盤を整えた後、膝関節を調整していきます


膝の調整をしていきます。膝の調整は、必ず骨盤を整えてから行います。(骨盤に歪みのある状態で膝関節の調整をしても再度、膝に負担がかかってしまうからです。)

28




29

施術後は骨盤ベルトで締めて安定させておくのがおすすめです。


14.1

骨盤矯正は、今まで歪みのクセが付いてしまっていた状態のお体に、本来あるべき正しいクセをつけていきます。歪みの大きさにより個人差はありますが体が正常な位置に戻っていくにつれ、痛みも徐々に減っていきます。一度の骨盤矯正で痛みが全くなくなる方もたくさんいらっしゃいますが、歪みの癖が強い方の場合、体を整えるのに回数がかかる方もいらっしゃいます。名古屋の尾頭橋整体院グループ(中区・北区・天白区)では痛みの再発防止、健康維持のために患者様それぞれのお体の状態にあったスケジュール提案させて頂いております。色々忙しいかとは思いますが、今後の生活のためにもしっかりとスケジュールを決めて骨盤を整えていくことが望ましいです。
関連記事