出産後の骨盤の開きと歪み

2014.10.03
産後骨盤矯正

出産後の骨盤の開きと歪み

尾頭橋整体院では産後の骨盤矯正の施術で、産後ママの腰痛、肩こり、が治ると名古屋ママの間で評判になっています。

産後の骨盤は緩み大きく開くことによって、赤ちゃんがスムーズに産道を通れるように手助けしています。リラキシンというホルモンの働きで骨盤に含まれる仙腸関節と恥骨の結合部分が緩んだ状態になっています。リラキシンの働きは産後から約6ヶ月頃まで残っていて、徐々にリラキシンの働きは減ってきます。この働きが作用して骨盤が緩んでいる状態の間に骨盤を元の位置に戻すことが理想的なのです。

産後の骨盤による体型の崩れ


浅見骨盤

骨盤が開くという状態とは恥骨の結合部分が引き伸ばされる状態(上図A)ということです。このような状態だと骨盤全体が大きく引き伸ばされる形になるので、骨盤に付いている足の付け根(大腿骨の大転子)部分が外に張り出してしまいます。骨盤が広がれば当然お尻の幅も広くなるので、全体的に体型は崩れてしまいます。それに加えて幅のみではなく、骨盤は上下にも歪みが出てしまうので左右の骨盤の高さが違えば(上図B)、くびれの位置が違ってしまったり体が傾いてしまったりと産前と比べてシルエットが大きく変わってしまう原因になります。妊娠前の体型に少しでも早く戻したいのであれば、出来るだけ産後間もない時期から骨盤を整えていくことが大切です。

経膣分娩、帝王切開に関わらず骨盤は開いて歪みます。これは妊娠時に出るホルモンの影響で関節が緩くなっている為です。その状態の時に出産間近によるお腹の重み、産後の育児での骨盤への負担で、骨盤にある仙骨が下がり骨盤が開いてしまうのです。

38

仙骨が下方に転移し、骨盤が開きます。

仙骨を調整し、骨盤を締めていきます


横向きで寝ている状態で、仙骨を下方から上方へ調整して行きます。このとき仙骨を上げるだけでなく仙骨の微妙な傾きや歪みも同時に調整し、正常な位置に戻して行きます。

9.1




こちらは横向きで寝ている状態で骨盤ややを後方から優しく押し込みます。開いた骨盤を締める事でお尻が小さく見える効果も期待できます。

10

出産での歪み、開きが比較的軽い骨盤のママで早い方は、尾頭橋整体院で産後の骨盤矯正の施術をうけていただくと、矯正5~6回位で骨盤が締まって、スッキリしてきたと感じて頂けます。o@(^-^)@o。ニコッ♪

患者様の喜びの声


01

大府市 主婦

産後2ヶ月から通いはじめました。1回目はあまり変化を感じませんでしたが、2回目の後、全然はけなかった 産前のジーパンがはけました。(この時点で体重は産前の+3kg)毎月1kgづつ減って産後6ヶ月で元の体重 に戻りました。(ちなみに、とっても食べています)順調に減ったのは、先生のおかげですね。 少しセーブすればダイエットになったのかと思うと少し反省です。でも体重より嬉しかったのは、産前の時より オシリが小さくなったと友人に言われたコトです。体重は見てもわからないですが、体型は見たまんまなので 小さくなったと言われたオシリに大満足!!子供を連れていけないといけない私には尾頭橋整体院はすごく よかったです。子供連れOKなんて他にはないので。2人目が出来たらまたお願いしたいです。

 

 
関連記事