赤ちゃんのUVケア

2018.05.11
産後骨盤矯正

赤ちゃんのUVケア

暖かくなって赤ちゃんと外出する機会が増えると、気になるのが赤ちゃんの日焼け対策。

しかし『日焼け止めはいつから塗っていいの?』など、疑問に思っているママも多いのではないでしょうか。

UV3

0歳の赤ちゃんの肌は、紫外線からダメージを受けると、どんどん体内に蓄積されてしまい、 大人になってからシミやそばかすなどの肌トラブルに見舞われるリスクが高まる可能性があるといわれています。

生まれたての赤ちゃんの皮膚の厚さは大人の二分の一しかない為、紫外線の影響を受けやすく、大人が思っているよりもずっとデリケートなのです。
赤ちゃんに直射日光が当たると、日差しが強い季節にはヤケドや水ぶくれになってしまう事もあります。

そのような事態を避けるためにも、0歳でもしっかりと日焼け止めを使用する必要があるのです。

■赤ちゃんへの日焼け止めはいつから使用していいの?


赤ちゃんは、紫外線に弱い為、外出する時は新生児から日焼け止めは必要です。

しかし、あまり早いうちからべったりと日焼け止めを塗るのは好ましくありません。
新生児はまだ皮膚が薄く非常に敏感なため、日焼け止めに過敏に反応してしまうことがあります。
新生児の日焼け止めの使用は必要最小限にして、日よけや帽子などで紫外線をカットするのがおすすめです。

UV6

生後3ヶ月頃までは、長時間の外出は控えて、朝早くや夕方などの日差しが弱い時間を狙って外出するようにしましょう。

日焼け止めには、赤ちゃんに害を及ぼす成分が含まれているものもあります。
大人用の日焼け止めは基本的に大人の肌が耐えうるように作られているので、赤ちゃんの繊細な肌には刺激が強すぎるのです

なので、赤ちゃんの肌でも使える、赤ちゃん用の日焼け止めを使いましょう
赤ちゃん用の日焼け止めは使用可能な月齢が記載されているので確認してから使うようにして下さい。

新生児に使いたい時は、紫外線吸収剤などの化学原料が入っていない、オーガニックのものを使用する事をおすすめします。

■どれを使えばいいの?【選び方のポイント】


【ノンケミカルの日焼け止めを選ぶ】


日焼け止めには、大きく分けて「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類が使われています。

紫外線吸収剤は、肌への負担が大きくなり、かぶれる赤ちゃんもいるので、紫外線散乱剤の方が0歳の赤ちゃんの肌には安心です。 なので、紫外線吸収剤が配合されていない物を選びましょう。

無香料や無着色などであるとより安心です。 界面活性剤などの成分も入っていないか確認するようにしましょう。

 

【石鹸で落とせる日焼け止めを選ぶ】


日焼け止めの成分が肌に残ったまま落とせていないと、肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。

ベビーソープやお湯だけでも落とせる、落としやすい日焼け止めを選ぶように意識しましょう

 

【SPFとPA値は低いもので大丈夫】


SPFやPAは、日焼け止めの強さを示すものです。
日焼けしたくないママの考えでは、SPFやPA値は高いほうがいい!と思うのではないでしょうか。
しかし、それらの値が高ければ高いほど、簡単に落としにくく刺激も強くなるので注意が必要です

赤ちゃんが日常生活でつける場合は、『SPF15~20・PA++』程度で十分です。
もし、長時間の外出や海などの日差しが強い場所へ出かける時に、日焼けが心配ならば、その時だけ『SPF30以上・PA++~+++』の日焼け止めを使うと良いでしょう。

しかし、赤ちゃんのお肌への負担を考えると、普段使いの日焼け止めをこまめに2~3時間ごとに塗り直す方がおすすめです!!

■正しい塗り方・落とし方
【日焼け止めの塗り方】


日焼け止めを塗る時は、顔に塗る前にまず体に塗って赤く反応しないかパッチテストをしましょう!!
赤い反応がなく、塗っても問題がないようであれば、顔や肌に合った量を守り、正しく塗ってあげてください。

UV5

《顔》
日焼け止めを適量手に取ります。
おでこ・鼻の頭、頬、アゴに少しずつ分けて乗せ、最後に顔全体に均等に広げていきます。
耳・鼻・首の後ろなどは特に塗り忘れが多い箇所なので、注意して下さい。
塗り残しが心配な場合は、同じ手順でもう1回重ねて塗って下さい。

《腕・脚》
腕に直接日焼け止めを塗布して、手首から肘の位置までくるくると回しながら塗っていきます。
外側だけでなく、内側もしっかり塗りましょう。手の甲も忘れずに塗ってください。
脚も腕と同じように塗ってあげましょう。

赤ちゃんが動き回って汗をかいたり、こすれたりすると日焼け止めが落ちてしまうので、2時間ごとに一度汗をふき取り、塗り直してあげましょう。

 

【日焼け止めの落とし方】


日焼け止めを塗ったときは、その日の夜にお風呂できちんと落としてあげてください。

塗った部分を石鹸で洗ってあげましょう。顔を洗うときは嫌がるかもしれませんが、水で流すよりもしっかりと落とすことができます。

123

日焼け止めによって落とし方も異なるので、使用上の注意を確認しておくと安心です。

 

紫外線対策には、日焼け止め以外にも、UVカット機能のある布や帽子、通気性のいい長袖や長ズボンなども一緒に活用して直射日光を避けてあげましょう。

また、なるべくなら日差しの強いお昼前後の時間帯を避けて外出しましょう。
関連記事