産後のポッコリおなかと尾骨痛

2014.10.06
産後骨盤矯正

産後のポッコリおなかと尾骨痛

尾頭橋整体院では、産後ママの様々な身体の不調や、体型の変化のお悩みを改善してきました。産後のポッコリお腹や尾骨痛もその一つです。

産後の骨盤の歪みは、骨盤の開きだけではなく骨盤の左右の高さが違うことによるくびれの位置の変化や骨盤の角度が変わってしまったために起こる反り腰など色々です。

出産後、体重は元に戻っているのにお腹は出たままになっている・・・
出産後、仰向けで寝たり床に座っていると妊娠前は当たらなかった尾骨が当たって痛む・・・

これらの事は骨盤が前傾してしまう事により多く見られます。では何故骨盤が前傾してしまうのか?それは、妊娠中の体勢に関係しています。妊娠中お腹が大きくなるにつれ、お母さんはお腹の重みを支えようと無意識に身体を反らせる癖が付きます。
上体を反らせる事により反り腰になり骨盤は前傾してしまうのです。産後もこの癖が付いたままだとお腹がポッコリ出てしまったり、尾骨が後ろに突き出されて痛みの原因になります。

onaka

上の図のように前傾した骨盤を正常な角度に戻すことでポッコリお腹や尾骨痛は改善します。

尾骨の痛みについては上記のような歪みのせいで出た痛みの他に出産時尾骨が骨折するというケースもあります。

骨盤の前傾と股関節の関係性


股関節が固いと(腸骨大腿靭帯)が引っ張られて、骨盤が前傾し反り腰になりやすくなります。
妊娠→出産→出産後は、ホルモンの影響で関節は柔らかくなるのですが妊娠中の筋力低下、重くなる体の負担 、妊娠中の姿勢などにより股関節の前側が固くなる方が多いです。
前側が固くなると骨盤が引っ張られるので骨盤の前傾がひどくなりそれまでの姿勢のクセと重なって反り腰がひどくなります。
産後の方はご自身で確認されても分かるくらい反り腰が目立つ方が多いですが、見た目だけでなくこれが原因で産後の腰痛などに繋がる方も少なくありません。

産後に前傾した骨盤を整え、尾骨の角度を変えていきます


骨盤の角度を変える前に、骨盤の左右の高さをそろえて腰椎の捻れをとっていきます。歪みのある状態で角度だけ変えても意味がないからです。

103




仙骨・尾骨を微調整し、骨盤を正常な角度に変えていきます。ゆっくり持続圧で動かしていくので痛みはありません。

15.1

16.1

正しいクセをつけていくことが大切です。


矯正は今まで歪みのクセが付いてしまったお体に本来あるべき正しいクセをつけていきます。歪みの大きさにより個人差はありますが体が正常な位置に戻っていくにつれ、尾骨痛やポッコリお腹も改善されていきます。一度の施術で劇的に変化する方も沢山おられますが、クセのついていない状態だとまた徐々に歪みは生じます。そのためしっかりスケジュールを決めて通院して頂くことを尾頭橋整体院では推奨します。

患者様の喜びの声


08

名古屋市 中区 主婦

産後時に飛び出てしまった、びていこつも戻らず、上をむいてねると痛かったけど、通いはじめてすぐになおってびっくりしました。 体重もだんだんおちていき、まったくはけなかった、妊娠前のパンツもはけるようにになり、下半身がやせできてうれしかったです。 また出産するきかいがあった時は、先生にお世話になりたいです!
関連記事