• TOP
  • コラム
  • 肩や背中、腰の痛み!原因はデスクワークやスマホ?
2019.10.21
整体(骨格・骨盤矯正)

肩や背中、腰の痛み!原因はデスクワークやスマホ?

スマホを長時間見たりパソコンを使っての長時間のデスクワークの後、手や腕に鈍い痛みを感じたり、更には肩こりや腰痛などの症状が出て悩まされてる方も多いようです。

基本的にスマホを見ている姿勢やデスクワークは長時間同じ姿勢を続けるので、それだけでも首や肩、腰に負担がかかりやすいのですが、残念ながら姿勢も悪くなっていきますので更に体に負担がかかりそれらが姿勢の悪い癖となり身体の歪みになって肩こりや腰痛などに繋がっていきます


それまでかんじたことのない痛み


それまで症状もなかったのに、日々の悪い姿勢の影響で歪んでしまいその負担や疲労が日々溜まって限界が来た時に様々身体のトラブルが起きてしまいます。

首の可動域が狭くなって動かすと痛みが出たり、背中や腰の筋肉が硬くなり屈んだり起き上がるときに痛みが生じたり、と突然症状が出て慌てて治療を受けに来られる方が多くみられます。

スマホや長時間のデスクワークでの症状がでるのは30代から40代に出やすいですが、最近では20代や早い人では10代後半から症状が出て当院に治療に来られる方も増えてきました。


では、この様な症状が出ない様にするにはどうしたら良いのか?


肩こりや背中の痛み、腰痛などの症状が出たらもちろん当院に来て治療を受けてもらうのも良いですが、出来れば痛みなど辛い症状が出る前に予防できれば、それに越したことはないですよね。

では、予防策として・・
まずは作業時の姿勢を気を付ける。長時間の場合良い姿勢を維持するのは困難ですが、意識して定期的に良い姿勢をとったり立ち上がり軽く背伸びをしたりストレッチをするのは仕事の合間でできそうですよね。

続けていけばこれだけでも悪い姿勢が少しずつ改善されていきます。また、ちょっとした気分転換にもなって更には仕事もはかどったりと結構おすすめだったりします。

 

正しい姿勢とは?


よく言われるいわゆる正しい姿勢とは背筋を伸ばして真っ直ぐとした姿勢を思い浮かべる方も多いと思いますが、ここで言うデスクワークでの正しい姿勢とは少し違います。

本来、背中は真っ直ぐでなく多少のカーブを描いています。もちろん、猫背になりすぎてもいけませんが、逆に背筋を伸ばしてしまうと背中が反ったり、肩や肩甲骨周りに力が入り余計に首、肩、背中や腰に負担がかかります。

ではどんな姿勢がオススメかというと・・・


お腹あたりに重心”があるような感じで
(1)背筋を無理なく伸ばす
(2)骨盤をやや前傾気味にする
(3)膝を90度よりやや曲げる


普段から長時間悪い姿勢でスマホを見たりデスクワークをしていると、気付かないうちに首や肩、背中、腰に負担が増え、気付いたら我慢できない痛みやコリになってしまいます。
そうなってしまう前に普段から予防できるといいですね。
関連記事
尾頭橋整体院公式Facebook 尾頭橋整体院公式Instagram