• TOP
  • コラム
  • 【整体】上半身・肩まわりの疲れをとるストレッチの方法!!
2020.09.06
整体(骨格・骨盤矯正)

【整体】上半身・肩まわりの疲れをとるストレッチの方法!!

目次

    今回は、仕事の途中や家事の合間などでも手軽にどこでも出来る、上半身や肩まわりの疲れをとるストレッチを紹介していきます。

    立った状態でも座った状態でも、どちらでも出来ます!!

    上半身の疲れをとるストレッチ


    上半身の血行をよくする手軽で簡単な方法です。

    1.まず両腕をバンザイした形にして、右手で左の手首を軽く握ります。

    2.左の肘を軽く伸ばした状態でゆっくりと握っている手首を引っ張りながら体を横に倒して曲げていきます。
    3.そのまま、呼吸が止まらない位置でキープをして、しっかり伸ばしましょう。

    4.呼吸をしたまま、10秒程キープを2~3セット行いましょう。(反対側も同様に行って下さい)

    決して強く反動をつけたりしないで、無理をしない様にして下さい。

    体を横に倒すときに軽く前かがみをするようにしてあげると腰の辺りが一段とよく伸びます。

    肩コリや頭痛を解消するストレッチ


    腕や肩周りの手軽で簡単なストレッチです。

    1.まず両腕をバンザイの形にして上にゆっくりあげます。

    2.頭の後ろで左の肘を右手でつかみ肘を内側に寄せていき腕を伸ばしましょう。

    3.右手で肘を固定した状態で左の肘を内側に寄せながら、引き上げるようにして脇から背中をしっかり伸ばします。
    4.伸ばした状態で呼吸を止めずに10秒ほどキープを2~3セット行いましょう。(反対側も同様に行って下さい)

    上半身と腕の筋肉の血行を促進する動きですので、ぜひ試して下さい。

    《無理せず徐々に時間を増やして継続》


    キツイ場合は、時間や回数を調節して無理せず続けるようにしてください。

    いずれのストレッチも、痛みがあるときは無理をしないことが大切です。
    ゆっくりと、身体が力まない様に、呼吸を続けながら行ってください。

    ストレッチは、楽になった・軽くなったからといって止めてはいけません。
    筋肉のバランスが崩れれば、また元に戻ってしまいます。きちんと、予防として続けていくことが大切です。

    ※ストレッチををやってみて痛みが出た場合は、速やかに中止してください。
    この記事を書いた人

    天白植田院 院長

    フジタ マサユキ

    こんにちは!!天白植田院 院長の藤田です。学生時代から筋トレをするのが好きで今でも続けているのですが、はじめの頃はよく怪我をしていました。フォームもしっかり気を付けて行っているのに頻繁に腰や肩を痛めてしまっていて、すごく悩んでいました。そんな時に整体に出会って、身体の歪みが原因だという事を知りました。左右の歪みや巻き肩など、歪みによって正しい可動域で身体を動かすことが出来ていなかったのです。身体が歪んでいればバランス良く身体を動かす事が難しくなるため怪我にも繋がりやすくなってしまいます。この時の経験がきっかけで整体に興味を持ち、直ぐに整体の世界に飛び込みました。まず整体学校で東洋医学・基礎医学・解剖学・筋肉調整術・骨格矯正術などを学び卒業し、その後中国に渡り本場の治療法を学びました。これまで、様々な痛み、不快症状、歪みに対応できるよう技術を磨いてきました。数多くの施術を経験してきた中で、痛み・姿勢の改善・産後の不調改善などどのような症状でも対応できるようになってきました。おかげさまで、整体・骨盤矯正はもとより産後の骨盤矯正の施術にも高い定評があり、ご好評頂いております。どこに行っても改善されなくて困っている方に1人でも多く笑顔になってもらえるよう、手技術と知識を生涯掛けて研究・勉強して根本的に改善する事のできる整体師として1番をとれる様に今後も日々精進してまいります。

    宜しくお願いします。

    資格・略歴
    平成6年生まれ
    中国整体(推拿)師養成学校卒業
    山東中医薬大学付属病院 推拿科(整体科)留学
    尾頭橋整体院 天白植田院 院長
    日本骨格矯正研究会員
    JHA会員
    関連記事
    尾頭橋整体院公式Facebook 尾頭橋整体院公式Instagram