• TOP
  • コラム
  • 【産後】産後に股関節が痛くなるのはなぜ?
2022.08.27
産後骨盤矯正

【産後】産後に股関節が痛くなるのはなぜ?

目次

    こんにちは!
    名古屋市北区平安通にある尾頭橋整体名古屋北院 院長の石澤です!

    産後に足のつけ根あたりにだるさを感じたり、股関節に違和感を感じたり、徐々に痛みにかわってきたママさんも多いと思います。ただひたすらに耐えているママさんも多いのではないでしょうか。


    産後に股関節が痛くなる原因とは?


    産後に股関節が痛むようになってしまう原因は、骨盤が開いたり歪んだりした状態になることです。
    産後は、赤ちゃんが骨盤を広げて産道を通るので、足のつけ根の筋肉が引っ張られ、股関節が痛くなりやすいといわれています。
    さらには、骨盤が無理やり開くことで恥骨にまで影響が出ることも珍しくありません。

    また、妊娠すると、赤ちゃんが産道を通り抜けるために関節や靭帯を柔らかくするホルモン「リラキシン」が分泌されます。
    その影響で靭帯などがゆるむと考えられ、靭帯などがゆるむ事によって内蔵などを支える力が弱まり、股関節に負担がかかることで産後も痛みを感じるようになる人が多いと言われています。

    そして、骨盤が正常ではない状態で家事をしたり赤ちゃんを抱っこしたりを続けてしまうことで、股関節に痛みが生じるようになります。


    女性ホルモン「リラキシン」の骨盤への影響


    前述した女性ホルモン「リラキシン」の影響により、産後も骨盤が緩んだ状態になっています。

    リラキシンの働きは産後から約6ヶ月頃まで残っており、出産時をピークにその後ほ徐々に働きは減っていきます。
    このホルモンが作用して骨盤が緩んでいる状態の間に骨盤を元の位置に戻すことが理想的です。
    股関節のみを調整しても、骨盤に歪みがあるとまた股関節はずれていきます。

    まずは骨盤の位置を正常に戻し、股関節の位置を整える事により痛みは改善されます。

    患者様の喜びの声




    名古屋市 熱田区 主婦

    出産後の股関節の痛みがよくなりました。あぐらもかきやすくなり、前より座りやすいです。以前に行った整体はとても痛く、ハードな感じだったので最初はとても緊張しましたが、全然痛くなかったです。特に肩のあたりは気持ち良かったです。そして痩せました。行って良かったです。ありがとうございました。
    この記事を書いた人

    名古屋北院 院長

    イシザワ ヨシユキ

    整体師の石澤義方です。学生時代ラグビーをやっていて腰を痛め長い間腰痛に悩まされていました。

    そんな時にとある整体院にかかり腰痛がウソのようになくなり、それまでの苦痛と不自由な生活がなくなり、精神的にも余計な不安がなくなった事により気持ちが前向きになり生活も明るく送ることが出来るようになりました。この経験により世の中にそれまでの私のように身体の痛みで苦しんでいる人の手助けになる事をしたいと思い整体師の道を選びました。私の整体療術の信念は身体の痛みで悩まれてる方の一人でも多くの方が心身共に明るい生活を送れるような施術を心がけておりますので、安心してお任せください。

    関連記事
    尾頭橋整体院公式Facebook 尾頭橋整体院公式Instagram