• TOP
  • コラム
  • 【整体】その腰痛の原因は、足首の硬さにあるかも知れません!!
2023.01.29
整体(骨格・骨盤矯正)

【整体】その腰痛の原因は、足首の硬さにあるかも知れません!!

目次

    こんにちは!!名古屋市天白区の植田一本松にある、尾頭橋整体院 天白植田院 院長の藤田です。

    腰には異常がないのに、腰痛がなかなか良くなってくれないなんて事があります。
    もしかしたら、足首の硬さが原因かも知れませんよ!!

    足首が硬いと腰に異常がなくても腰痛になってしまう事があります。

    まずは、足首の硬さをチェックしてみましょう!!


    足首の硬さは、つま先を上げ下げする時にどのくらい動くかで確認出来ます。

    足首は、つま先を上げる時の動作を『背屈』と言い約20度くらい、下げる時の動作は『底屈』約45度くらい動くのが正常な可動範囲とされています。
    一度動かしてみて確認して見ましょう!!

    もっと簡単なチェック方法としては、足の裏をしっかりと床につけた状態で、ゆっくりしゃがんでみてください。

    しゃがむ事ができずに後ろに倒れてしまったり、かかとが浮いてしまう場合は、足首が硬い証拠です。
    足首の可動が狭く十分に動かないので、重心が後ろに乗ってしまうのが原因です。

    足首の硬さが腰痛にどうつながるの?


    足首の硬い人がしゃがもうとする時、後ろに倒れないように踏ん張って身体を支える為、太ももの前側の筋肉 (大腿四頭筋)を酷使してしまいます。

    大腿四頭筋は、使いすぎると硬くなり収縮します。

    すると、骨盤の前面にある筋肉もつられて縮んでしまい、骨盤が前側に引っ張られ前傾してしまいます。

    骨盤が前傾すると反り腰になってしまうのですが・・・
    反り腰になると、体幹や肩甲骨周辺の筋肉をうまく使うことが出来なくなります。

    その状態で直立の姿勢を維持しようとすると、腰や背中などの筋肉に大きな負担が掛かってしまい、腰痛になってしまうのです。

    足首をストレッチしよう!!


    ①床または椅子に座って片足を膝の上に置きます。
    〔身体が硬い人は、椅子に座る方が楽に出来ます!〕

    ②足をしっかりと持って足首を多方向に回すように動かしましょう。
    〔足の指の間に手の指を入れて持つと足首を動かしやすいです!〕

    ③足首を時計回り・反時計回り、背屈・底屈などと動かし、動きが悪いと感じた方向には特に念入りに動かしてあげて下さい。
    簡単で場所も取らないストレッチなので、日常の中で習慣的に行ってあげましょう!!

    いくら腰のケアしても腰痛は消えないという場合は、足首に原因があるかも知れません。

    人間の身体は、色々な場所で連動して影響を及ぼしあって出来ています。

    身体が硬いままでは、たとえ一時的に腰痛を解消しても、いずれまた腰に余計な負担が蓄積して、痛みがぶり返してしまいます。

    足首が柔らかくなっても腰痛が続くようなら・・・


    ストレッチをしてみても、なかなか腰痛が良くなってくれない場合は、整体で身体のバランスを整えてあげて見てはいかがでしょうか?

    足首の硬さだけが腰痛の原因では無いので、単純に骨盤や骨格が歪んでいて腰痛を引き起こしている場合もあります
    その場合、ストレッチだけでは中々痛みは解消してくれません。

    なので整体・骨盤矯正をして骨格をしっかり整えてあげる事が腰痛解消の近道になります!!

    なかなか痛みがとれずに悩まれている方は、一度尾頭橋整体院の整体・骨盤矯正を受けにいらして下さい!!
    この記事を書いた人

    天白植田院 院長

    フジタ マサユキ

    こんにちは!!尾頭橋整体院の藤田です。学生時代から整体に興味を持ち、卒業後直ぐに整体の世界に飛び込みました。整体学校で東洋医学・基礎医学・解剖学・筋肉調整術・骨格矯正術などを学び、その後中国に渡り本場の治療法を学びました。どこに行っても改善されなくて困っている方に1人でも多く笑顔になってもらえるよう、手技術と知識を生涯掛けて研究・勉強して根本的に改善する事のできる整体師として1番をとれる様に日々精進しております。宜しくお願いします。

    関連記事
    尾頭橋整体院公式Facebook 尾頭橋整体院公式Instagram