2020.05.03
整体(骨格・骨盤矯正)

肩甲骨はがしって何??

「肩甲骨はがし」という言葉を聞いた事はありますか?

まず肩甲骨とは、どこにあるのか。

肩甲骨は、背中の上部にある一対の三角形の大きな骨で、体幹(胴体)と上肢(腕と手)をつないでいます。

左右に羽のようについていて、腕の上げ下げや腕を回す運動に連動して自在に動くのです。

また、肩甲骨は肋骨を覆い宙に浮いた不安定な状態になっています。



「肩甲骨はがし」と言うと、肩甲骨を無理やり剥がすのでは?と思ってしまいますが、肩甲骨をしっかり動かして肩甲骨回りの筋肉をほぐすストレッチの事を言います。

肩甲骨が原因で肩こりや猫背になる


肩甲骨は、腕の上げ下げや腕を回すといった腕の運動とほぼ連動し、その自由な動きをサポートする大事な部分です。

腕を動かすときに使われる肩甲骨ですが、日常生活の動きだけではあまり使うことがありません。



さらに現代人は、パソコンやスマホの操作により前かがみの姿勢が長時間続くので、肩甲骨が使われる機会がより少なくなっています。

また年齢とともに筋肉は衰えていくので、本来宙に浮いている状態であるはずの肩甲骨が、体の内側に張り付いてしまい、猫背になってしまうのです。

また、肩甲骨の動きが悪くなれば、その周囲の筋肉の血行も悪くなり、肩こりの原因にもなってしまいます。

肩甲骨はがしで肩こり解消


肩甲骨を動かして肩甲骨周辺の筋肉を動かすと、凝り固まった筋肉がほぐれます。

自然と肩の筋肉も動くようになり、その部位の血流がよくなります。

すると筋肉に溜まった老廃物も流れてくれて筋肉が柔らかくなり、肩こりの解消に繋がるのです。

最初に言ったように、「肩甲骨はがし」は肩甲骨の周りの筋肉をほぐして動きを良くすることです。
しっかりストレッチをして肩甲骨の可動域を広げてあげましょう。

まず肩甲骨には、内転・外転・挙上・下制・上方回旋・下方回旋の6つの動きがあります。



この6つの動きを行っているのはもちろん筋肉です。

肩甲骨を動かす主な筋肉は17個程あります。

例えば、頭より上にある物を取ろうとして腕を上げた時は、肩甲骨が挙上・上方回旋します。

その時に肩甲挙筋、僧帽筋、前鋸筋などの筋肉が肩甲骨の動きを同時にコントロールするのです。

「肩甲骨はがし」は、この6つの動きがスムーズに出来るようにするためのストレッチなのです。

「肩甲骨はがし」は他にもこんな効果が!!


◆猫背の改善 〔肩甲骨が外側に広がり固まった状態をほぐすことで猫背の改善もできます。〕

◆片頭痛や腰痛の改善 〔首や肩の凝りが片頭痛や腰痛にも繋がります。〕

◆自律神経の改善 〔首の凝りにより頸椎を通る自律神経にも影響が及ぶことがあります。〕

 

※肩甲骨はがしのやり方はコチラから
関連記事
尾頭橋整体院公式Facebook 尾頭橋整体院公式Instagram