• TOP
  • コラム
  • 【整体】危険!?マッサージでの強押しは直ぐにやめて下さい!!
2021.10.10
整体(骨格・骨盤矯正)

【整体】危険!?マッサージでの強押しは直ぐにやめて下さい!!

目次

    マッサージでの強押しは危険


    マッサージやリラクゼーションサロンに行く方で、「強押し=効果がある」と思っている方はいませんか?
    私は、日々多くの患者様の施術をするので、「強く押して下さい」言われる事が多々あります。

    しかし、「強く押したり・強く揉みほぐす」のはかなり危険なのです。

    強く押してもらった方がしっかりほぐれて効果が高い・身体に良いと思っている方が多いようですが・・・

    強押しは筋肉を破壊する?


    実は、マッサージを受けすぎて「強押しじゃないと効かなくなっている方」は、自分で自分の身体を壊しているのと同じことなのです。

    筋肉は、強い力で刺激すると、筋肉の繊維が傷ついて破壊されます。

    揉み返しと言われているものも、原因は同じです。

    そもそも、筋肉というものは、多くの細かな筋肉の繊維の集合体です。

    筋繊維が圧迫されて潰されると打撲・部分的に切れたり、完全に切れると肉離れというものになります。

    つまり、マッサージは指や手で筋肉を圧迫する行為なので、強く行いすぎると打撲に近いような状態になります。
    細かな損傷なので打撲みたいに本人が気づくことは無いですし、その場ではしっかりほぐれて血流も良くなっているので満足感はあると思います。

    しかし、内部では筋肉がしっかり傷ついてしまっているのです。

    そして本当に怖いのは、これを繰り返し続ける事によって、後戻りできなくなってしまうことなのです。

    強押しを繰り返し続けるとどうなるの?


    ・強押しによって細かい筋肉の繊維が損傷します。

    ・次に、人間には自然治癒力があるので、壊された筋肉を修復しようとします。

    ・しかし前の状態に戻るだけではありません。壊された筋肉は、以前よりも刺激に耐えられる強い(硬い)筋肉になろうとします。

    ・そして筋肉は、以前より刺激に強い筋肉に修復されて戻ってきます。すると今まで押してもらっていた強さでは物足りなくなってしまいます。

    ・以前より強押しでないとダメになってしまい、また筋肉の繊維が壊されます。

    このような状態を繰り返し行ってしまうと、どんなに強く押してもほぐされた感じが全くしない、強固な筋肉が出来上がってしまいます

    闇雲に強くほぐす施術者は危険です


    硬くなってしまった筋肉は、柔軟性も無いので関節の可動域を狭くしてしまい良い事は何もありません。

    あえて、強い刺激を加える必要がある場合もありますが、それは患者様の身体を見極めて行っています。

    知識と技術のある施術者なら、筋肉を触ればその人にとって適切な力加減が分かります。

    正しい知識をつけて、自分にあった施術者を見つけましょう。

    マッサージだけでは限界がある


    また、マッサージやリラクゼーションサロンで筋肉をほぐすだけでは限界があります。


    整体院などで骨盤や骨格の矯正をして身体の歪み・バランスを整えてもらい、コリや痛みを根本的な原因を解消するのが一番良い方法だと思います。

    また姿勢、ストレッチなど、施術プラス日々の習慣を変えて行くことも重要です。
    この記事を書いた人

    天白植田院 院長

    フジタ マサユキ

    こんにちは!!尾頭橋整体院の藤田です。学生時代から整体に興味を持ち、卒業後直ぐに整体の世界に飛び込みました。整体学校で東洋医学・基礎医学・解剖学・筋肉調整術・骨格矯正術などを学び、その後中国に渡り本場の治療法を学びました。どこに行っても改善されなくて困っている方に1人でも多く笑顔になってもらえるよう、手技術と知識を生涯掛けて研究・勉強して根本的に改善する事のできる整体師として1番をとれる様に日々精進しております。宜しくお願いします。

    関連記事
    尾頭橋整体院公式Facebook 尾頭橋整体院公式Instagram