妊娠中のママにとって良い座り方って?

  • TOP
  • コラム
  • 妊娠中のママにとって良い座り方って?
2019.06.12
プレママ整体

妊娠中のママにとって良い座り方って?


尾頭橋整体院にプレママ整体で来られる妊婦さん達に「妊娠中の正しい座り方ってあるんですか?」ってよく聞かれたりします。
妊婦さんはお腹だけでなく腰周りも大きくなってきて、座りにくくなったり痛みを感じることも多いと思います。

デスクワークの時やお家で安静にしてくつろいでいる時でさえも、時には苦痛に感じることがあるようです。

特に、腰だけでなく股関節・鼠径部(そけいぶ)・背中・お尻・恥骨周辺に痛みを感じたりむくんだりする人が多くみられます。

ひどい痛みになるまで我慢して放置せず座り方を工夫したり、整体など治療院に行くなどし早い段階での対応が必要です。

妊婦さんの座り方で大切なポイントは・・・


・腰に負担をかけないこと
・お腹を圧迫しないこと
・骨盤が歪まないようにすること

猫背のような前かがみの姿勢で悪い状態で座ると、腰や背中に不自然な負担がかかってしまい、腰や背中を痛めるだけでなくお腹が圧迫される危険性もあります。

また、骨盤が歪むような座り方を続けると便秘や肩こりの原因になったり、腰痛や股関節痛、恥骨痛や尾てい骨痛の原因になります。

可能な限り、良い姿勢を保つことができる座り方を心がけましょう。

妊娠中にやってはいけない座り方は?


・後ろにもたれかかりながら浅く座る
・ぺたんこ座り(女の子座り)
・横座り
・座りながら足を組む

股関節に負担をかけたりO脚や骨盤が歪む原因になります。

「あぐら」「正座」がおすすめ?場所別の座り方


椅子やソファでなくオススメの座り方


・椅子やソファには深く腰かけます。背筋はまっすぐに伸ばしましょう。

床・畳でのオススメの座り方


・あぐら
・正座
・片膝を立てる

畳やフローリングに座る際には、お腹を圧迫しない為に前かがみにならないように注意しましょう。

背中が伸び、骨盤が立つ正座がおすすめですが、人によって膝が痛いなどあぐらや正座が難しい場合には、座椅子を利用するのも良いかもしれません。

ただし、長時間座り続けると血行が悪くなったり腰に負担がかかりますのでどこに座る場合でも時々動くようにしましょう。

姿勢が悪い座り方をしていると姿勢が悪くなり、いつの間にか骨盤も歪んでしまいます。

負担にならない自分に合った座り方を探してみましょう。

妊娠中にも骨盤を整えることが必要です


妊婦さんの体はとてもデリケートです。

普段の生活の中で姿勢が悪かったり、思い通りに座れない場合は骨盤が歪んでる証拠です。
骨盤が歪んでいると様々な体のトラブルを起こしやすくするだけでなく、お腹の赤ちゃんにとっても良い状態とは言えません。

妊娠中も臨月までは骨盤が形よく整ってっていた方が、妊娠中のママにとっても、赤ちゃんにとっても良い事がたくさんあります。



 
関連記事