• TOP
  • コラム
  • 【産後】骨盤矯正…産後6ヶ月過ぎても大丈夫?
2021.04.10
産後骨盤矯正

【産後】骨盤矯正…産後6ヶ月過ぎても大丈夫?

こんにちは!尾頭橋整体院名古屋北院 院長の石澤です。

今回は、日ごろ尾頭橋整体院には骨盤矯正や身体に関する数々のご質問やご相談がありますが、その中でもご質問の多い産後の骨盤矯正の期間に関して書いていこうと思います。



待望の赤ちゃんが誕生し、ほっとしたのも束の間…

腰痛や恥骨痛が辛い…

尿漏れがなかなか改善しない…

出産時に開いた骨盤が原因で体型がなかなか元に戻らない…

妊娠・出産を経験した産後ママさんの多くが抱える様々な身体の不調…

出産後、骨盤の歪みが原因で身体の不調で悩まれるママさんはたくさんいらっしゃいます。

そんな辛い産後の症状は、『産後の骨盤矯正』で改善していきます!

でも、日々の育児や家事に追われて気が付いたら産後6ヶ月を過ぎてしまっていたけど大丈夫ですか?というママさんからのお問い合わせを頂いたりします。

そもそも産後の骨盤矯正は必要なの?


産後に骨盤が歪むのは、妊娠、出産によって骨盤が大きく開くことが大きく関わっています。
妊娠をすると、赤ちゃんを骨盤内で育てる為、そして産道を広げる為、靱帯や関節がゆるめる『リラキシン』というホルモンを分泌されます。
そして、出産後も6ヶ月間『リラキシン』は分泌されますので、その『リラキシン』の作用により、産後も骨盤周りの靭帯や筋肉がゆるみ不安定な状態になり骨盤の歪みの原因となります。
骨盤が歪むことにより腰痛や恥骨痛、尿漏れ、下半身太りやむくみ、また冷え性や不妊などの婦人科系トラブル等さまざまな問題が生じやすくなります。
だから産後には骨盤をケアするのがポイントとなります。

産後の体におこるマイナートラブル…はコチラ


産後の骨盤矯正はいつから?期限はあるの?


産後数カ月を過ぎると靱帯や関節がゆるめる『リラキシン』というホルモンを分泌も少しずつ減少していき、歪みが強い場合は矯正をするのが容易ではなくなります。
理想としては産後早めに骨盤矯正を始めるのをおすすめしますが、様々な事情により産後6ヶ月を過ぎてからお問い合わせをいただく事もあります。

産後1~2ヶ月のお身体の状態と比べ、産後6ヶ月以上経過しているママさん、産後2年~3年と経過しているお身体の状態ではやはり大きく違いがあります。

産後6ヶ月以上経過してしまうと妊娠、出産の影響で骨盤が開いて、歪んだ状態で関節や靭帯等が硬くなっていることが多いです。

この場合、一度関節や靭帯等を緩めてから整えていくので通常より少し時間や回数がかかってしまいますが、問題なく矯正できますので遠慮なくご相談ください。

尾頭橋整体院グループでは経験豊富な腕に自信を持った熟練の整体師が、安全かつ丁寧に矯正していきますので安心してお任せください。

産後の骨盤矯正をはじめるタイミングは?…コチラ

患者様の喜びの声




産後半年以上経ってからの骨盤矯正だったので、それまでの間、ずっと激しい腰痛との戦いでした。
その時に友達の紹介で尾頭橋整体院さんに通いはじめました。
もともと腰痛持ちだった事もあり、スパン短めに通っていましたが、段々と骨盤が整い始めたのを実感しました。 10回を過ぎた頃から、腰痛も落ち着いていきました。
1番ビックリしたのは産後恐怖だった服屋での試着でしたが、骨盤が整ったことで楽しみに変わったことです。
 これからも定期的に通えたらなと思っています。
ありがとうございました。
関連記事
尾頭橋整体院公式Facebook 尾頭橋整体院公式Instagram