• TOP
  • コラム
  • 【プレママ】ズバリ!妊娠中の骨盤ケアって大事?
2021.07.06
プレママ整体

【プレママ】ズバリ!妊娠中の骨盤ケアって大事?

こんにちは!尾頭橋整体院 名古屋北院 院長石澤です。

妊婦中の子宮を支える骨盤は、赤ちゃんが成長し大きくなるにつれて骨盤が広がるので歪みやすくなり、腰痛や股関節痛、恥骨痛や尾骨痛などに悩まされる妊婦さんも少なくないと思います。
妊娠中は骨盤周辺の筋肉や靭帯を広がりやすくケアすることはスムーズな出産に役立つのと出産後の身体の回復も早いといわれています。

妊娠中の骨盤ケアの目的は?


妊娠すると関節やじん帯を緩めるホルモン『リラキシン』が分泌され、仙腸関節と恥骨の結合部分が緩み、更に骨盤周辺の靭帯や筋肉が柔らかくなります。
妊娠中であっても骨盤をケアしておかないと様々な身体のトラブルが症状として出やすくなります。

また、妊娠中に骨盤をケアしておくと骨盤が広がりやすくなり安産にもつながります。

骨盤の開き過ぎにはご注意!はコチラヘ

腰痛や股関節痛などの不調を改善


妊娠中の痛みの症状で多いのが腰痛や尾骨痛、股関節などの骨盤周辺のトラブルです。
子宮が大きく重くなり胎児も大きくなってくると身体の中心軸は前方に移動し前かがみになり背中が丸まってきます。
妊婦さんは頑張って姿勢を維持しようと後ろにのけぞり腰を反らした状態になります。いわゆる反り腰になります。
そうなると背中や腰に大きな負担がかかり背中のハリや痛み、腰痛を起こしやすくします。
また、尾骨や恥骨の位置もずれていきますので尾骨痛や恥骨痛を誘発します。

骨盤周辺の筋肉を緩め正常な位置に矯正する骨盤矯正は、背中の痛みや腰痛の予防・解消につながります。

妊娠中の『腰痛』と『今日からできるストレッチ』はコチラヘ


健康に安産をする


胎児が大きくなるにつれ並行して子宮も大きくなり、骨盤も広がります。
そして、出産時には赤ちゃんが産道を通りやすくするために骨盤が広がる様になります。

出差前に骨盤ケアをしておくと、いざという時に骨盤が広がりやすくなり出産をスムーズにする効果があります。
また、産道はまっすぐに近い状態になりますので、産む時も比較的楽になり結果として安産となります。
骨盤ケアで出来る限り子宮を高い位置に保つことにより妊婦さんの体調もよくなりお腹の赤ちゃんも元気に育ち安産にもつながります。

産後の回復がスムーズに


骨盤が最も緩むのは出産時です。
そして、関節やじん帯を緩めるホルモン『リラキシン』は産後も約半年間は出続けますので、産後もその緩んだ状態は続き骨盤は更に歪みやすくなります。
骨盤の歪みを放置しておくと腰痛や恥骨痛、尾骨痛だけでなく、尿もれや下半身のしびれなどの原因になってしまうこともあります。




尾頭橋整体院 名古屋北院 院長 石澤義方


妊娠中から骨盤ケアをしておくと身体の回復が早くなり、妊娠前の身体を取り戻しやすくなります。
骨盤の開きは産後の不調や体型の崩れにもつながります。
産む前からしっかり身体を整えて元気な身体で赤ちゃんを迎えましょう。
関連記事
尾頭橋整体院公式Facebook 尾頭橋整体院公式Instagram