• TOP
  • コラム
  • 【プレママ】シビレと痛みで眠れない…妊娠中の座骨神経痛
2021.09.17
プレママ整体

【プレママ】シビレと痛みで眠れない…妊娠中の座骨神経痛

目次

    尾頭橋整体院グループでも、お腹が大きくなるにつれて坐骨神経痛になる妊婦さんが多くご来院されます。
    そして、更には出産後も坐骨神経痛で悩まされるママさんも多いようです。

    こんにちは!尾頭橋整体院 名古屋北院 院長石澤です。
    今回は妊娠中の『坐骨神経痛』について書いていきます。

    坐骨神経痛とは?


    妊娠をするとお腹が大きくなったり骨盤が広がったりと見た目だけでなく体には様々な変化が起こって不快症状や痛みが出やすくなります。
    その中のひとつに『坐骨神経痛』があります。

    お尻から足にかけて伸びる『坐骨神経』が様々な要因によって刺激され痛みやシビレなどを引き起こすのが『座骨神経痛』です。

    妊娠中に坐骨神経痛になる原因は?


    妊婦さんの座骨神経痛が発生するのはほとんどが妊娠7ヶ月位からですが、妊娠初期から発症する妊婦さんもみえますので、なるべく早い段階から継続的に予防をしておくことが重要です。

    妊娠中に坐骨神経痛を発症することが多いのは、靭帯や関節をゆるめるための女性ホルモン『リラキシン』が分泌され、骨盤が開いてくることにより股関節に影響しお尻の筋肉が緊張状態になり、それにより坐骨神経を圧迫し痛みやシビレなどの症状が出ます。

    また更に、お腹が大きくなってくると前に突き出たり下に下がったりの影響で骨盤が歪むことにバランスをとろうとして反り腰になり椎間板や脊柱管を圧迫し坐骨神経痛になりやすくなります。

    座骨神経痛になったらどうしたらいい?


    先ずは、お風呂で湯船につかりゆっくり下半身を温め、筋肉の緊張を緩めましょう。
    また、骨盤ベルトを着用して不安定な骨盤を安定させることも効果的です。ただ骨盤ベルトを着用する位置によっては更に悪化する場合もありますので、着用場所をしっかり確認しましょう。

    体操やストレッチで凝り固まった筋肉をほぐし筋肉の緊張を緩めるのも効果的です。

    妊娠中の腰痛予防にもなる正しく歩く3つのポイント!!はコチラ

    妊娠中の腰痛!!効果的なストレッチ…はコチラ
    この記事を書いた人

    名古屋北院 院長

    イシザワ ヨシユキ

    整体師の石澤義方です。学生時代ラグビーをやっていて腰を痛め長い間腰痛に悩まされていました。

    そんな時にとある整体院にかかり腰痛がウソのようになくなり、それまでの苦痛と不自由な生活がなくなり、精神的にも余計な不安がなくなった事により気持ちが前向きになり生活も明るく送ることが出来るようになりました。この経験により世の中にそれまでの私のように身体の痛みで苦しんでいる人の手助けになる事をしたいと思い整体師の道を選びました。私の整体療術の信念は身体の痛みで悩まれてる方の一人でも多くの方が心身共に明るい生活を送れるような施術を心がけておりますので、安心してお任せください。

    関連記事
    尾頭橋整体院公式Facebook 尾頭橋整体院公式Instagram